スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFW 参戦の心得Ⅱ

頭ん中はSFWのことでいっぱい。

こうしてSFWのことばかり書いておりますと「チケットはどこで買えるんですか?」「どうやったらショーが観れるんですか?」と質問を受けることがしばしばあります。前回『SFW 参戦の心得』を書きましたが、2015S/Sでまた新たな発見がありましたので心得Ⅱを勝手に伝授。

20150222 (2)
まずはチケットについてですが、現在一般客用のチケットは販売されていません。各ブランドがfacebookやインスタグラム、はたまたブログ(NAVER)でチケットイベントを行います。ほとんどの場合がそのブランドをフォローして、その画像にいいねして、ショーを観たい理由と連絡先、一緒に行く人を書いてコメントするというもの。時期としてはそのブランドのショーが行われる5日前くらいでしょうか。それで当たった人だけにメールがきます。それがショーの2、3日前とか。結構ギリギリです。韓国在住の場合は郵送されてるんだと思うんですが、日本人の場合は事情を説明し、メールや電話で連絡を取って当日スタッフからチケットを受け取ったり、お店に取りに行ったりします。でも韓国人は割と適当なので、中には連絡しても返事が来なくて結局チケットをもらえなかったりします。なので当日までハラハラするシステムです。あとはそのブランドのお得意様になるとお店からもらえる場合があります。KUDがまさにそう。私がよく買うもんで、オーナーさんが毎回チケットを取っといてくれます。有り難い。でも超人気なpushBUTTONやSteveJ&YoniPなどはお店でチケットを配ってないのでもらえません。

20150222 (10)
さて、幸運にもチケットを入手したら会場に入るわけですが、一般客は自由席です。なのでなるべく早く並びましょう。超人気ブランドになると客が入りきれないことがあります。できれば前のショーの客が入場したらすぐ並ぶことをお勧めします。前列のVIP席が空いてると見栄えが悪いんでショーが始まる直前に「前に座って!」ってスタッフが言ってくることがあります。そしたらすかさず座りましょう。

あと、前回の観覧で思ったのが、韓国人って本当に適当で、一般客がVIP席に勝手に座ってスタッフにどかされてるのを何度見たことか。本来そこに座る人が「席がない!」ってなってスタッフともめてるなんてことも多い。最前列にはバイヤーやVIPの名前が書いた紙を置いてあるけど、韓国人はバンバン落としていくからね(笑)。

20150222 (11)
芸能人が見に来るので、フロントローにカメラマンがどわって集まります。ミーハー心で見に行きたくなりますが、席を離れたら最後、他の人に取られます。一回座ったらその場を離れないこと。荷物を置いてても韓国人は容赦なくどかしますから。

20150222 (24)
でもどうしてもミーハー心は抑えられず(笑)。Metrocityを見に来たジェシカアルバ(合ってる?)をパシャリ。

20150222 (20)
チケットがどうしても手に入らなかったら?ご安心ください。前回から導入された透明テントの会場がございます。外から見れます。リハも丸見え。

20150222 (13)
透明テントはジェネレーションネクストの会場です。なので87MMは外から見れるということです。そしてこの会場を利用するブランドの洋服保管場所が外のテントになるので、そこをデザイナーやスタッフが行き来します。入口で待機しておけば100%先生、ジウン、店長は見れます。

20150222 (14)
さて、会場外の楽しみ方ですが、やはりファッショニスタの観察でしょう!面白い格好をした人がうじゃうじゃいます。この人は毎回凄い格好で現れる男性。一体素顔はどんなだ。大概ものすごい派手な格好をした人は中国系の人らしいっすよ。

20150222 (22)
ファッショニスタとの交流も楽しみましょう。洋服が好き、韓国ブランドが好きという共通点があれば言葉の壁はなんのその。

20150222 (4)
2014F/Wで知り合ったpushBUTTON狂いの人。前回も会いたかったんだけど、「チケットがないから行かない」って言ってて。そしたら予想外の出来事でpushBUTTONのチケットが余り、この人にあげたかったんだけど連絡つかずで1枚ムダにしてしまいました。チケットは1枚たりとも無駄にしたくないので、インスタで呼びかけたいんですが、デザイナーにフォローされてるので大っぴらには言えないんですよね。そこでインスタのダイレクトメールで「チケットあげるから!」って連絡するんですが、あれってみんな気付かないんだよね。私のインスタにコメントくれる方は当日ちょっと気を付けておいてくださいね。急に「チケットいらんかえ?」ってダイレクトで送るかもしれませんので。まぁ、次が余るほど手に入るかはわかりませんけどね。

20150222 (8)
さ、モデルを愛でましょう。チケットがなくとも、ショーを観れずともモデルは見れます。会場1、2の総合入口横の階段がフォトタイムスポットです。

20150222 (15)
大勢のカメラマンとファンを前にサービスショット。

20150222 (16)
段になってるから撮りやすい。

20150222 (5)
だいたいここで待機していればモデルは見れます。

20150222 (17)
フォトタイムが終わるとファンが殺到するので、元気のある方は果敢に写真をおねだりしましょう。私はそんな元気はないのでもっぱら背後を接写するという(笑)。だってモデルの裏側って滅多に見れんやん?ちなみにこれはウジェさん。

20150222 (21)
そしてモデルを夢中で撮影するカメラマンを撮ったりして(笑)。LOOKTIQUEのカメラマン。

20150222 (3)
会場1、2の総合入口横の看板前ではよくインタビューや撮影をしています。

20150222 (7)
そして狙い目なのが会場1、2の隣の別館入口前。ふいにモデルが出入りします。早く気付けば周りに誰もいなくて写真撮りたい放題。

20150222 (12)
本当にね、モデルにどれだけ早く気付くかどうかですよ。誰か一人が気付いたらどわーって集まってくるけど、最初はあまりにも誰も気づいてなくて「本人か?」って思う程。

えりーさんなりの参戦の心得は以上になります。初めて参戦されるかたはご参考に・・・って参考になるんか?

20150222 (1)
あとはドジンさんを見つけたら笑顔の写真をお願いしてくださいね。相当もじもじするんで(笑)。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりーさん

Author:えりーさん
福岡在住の洋服狂いの韓国人モデル狂い。

大好きなものを勝手に紹介していきます。
共感していただける方がいてくれたら嬉しいです。


本ブログで載せている画像等は個人で楽しむ範囲で使用しています。権利は著作権元に帰属します。本ブログの記事・コメント・画像等の無断転載はご遠慮願います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。