スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれの家具 チェア

df2012110108.jpg
フィン・ユール(Finn Juhl、1912年1月30日 - 1989年5月17日)

デンマークの建築家、家具デザイナー。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物。彼の作品の魅力は、美しい曲線とその考え抜かれた完成美にあり、別名「家具の彫刻家」と呼ばれている。

df12.jpg
左)1953年「NV53」    右)1945年「NV45」

東京の家具屋さん『KAMADA』のHPより拝借。どちらも美しい。特にアームの美しさに惹かれます。

df08.jpg

df06.jpg

df05.jpg
曲線美。

df09.jpg
フィン・ユールの代表作「NV45」。世界一美しいアームを持つ椅子と呼ばれています。

df10.jpg
なめらか。

df11.jpg
脚も美しい。

df01.jpg
左)1961年 Model 138    右)1960年代 Bwana Chair and ottoman

df02.jpg
チークが美しい。

df04.jpg
Egyptian Chair

df03.jpg
後ろ姿も素晴らしい。

フィン・ユールは数十万~百万くらいするので到底手の届かないものです。あこがれますね~。どんな人が買うんだろう。ローズウッドのほうが高級ですが、私はチークが好きです。使い込んだチークのなめらかな艶はたまりません。眺めながらお酒が飲めます(笑)。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

nv45

普通のそこらにいるサラリーマンが金を貯めて買う程度の椅子です。車よりは安いし、日々の衝動を抑えていればブルジョアでなくとも誰でも手が届きます。はい。

憧れではなく、
買っちゃえ!と思い切りが大切です

Re: nv45

> 普通の人さん

コメントありがとうございます。フィン・ユールを誰でも手が届く程度の椅子とは、あなたただものではありませんねv-405私は他の衝動(主に服)を抑えられないので、ここまで高価な家具は無理ですねぇ。多分買ったとしても気持ちが負けちゃうと思います(笑)。

こちらこそコメントありがとうございます

わたくし、ヴィンテージ家具好きには見られたことが一切ない、そこらにいる普通の20代サラリーマンです。ただの人の典型かもしれません。

私もファッションが大好きなのでいつも悩みの種です。物欲衝動を抑えるのに必死です。


ヴィンテージ家具に対する考え方には個人差があると思いますが、洋服などの耐久消費財とは違い、後世に継承できる財産といった位置付けでいれば購入しやすいかなと思います。

Re: こちらこそコメントありがとうございます

> 普通の人さん

家具はそもそも置ける場所がないと買えませんからね~。私は引っ越して部屋が狭くなったもんで、もう大物は買えません(涙)。家具を楽しむには広い部屋が必要ですね。
03 | 2018/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

えりーさん

Author:えりーさん
福岡在住の洋服狂いの韓国人モデル狂い。

大好きなものを勝手に紹介していきます。
共感していただける方がいてくれたら嬉しいです。


本ブログで載せている画像等は個人で楽しむ範囲で使用しています。権利は著作権元に帰属します。本ブログの記事・コメント・画像等の無断転載はご遠慮願います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。