スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の家具たち

家具が大好きなので我が家のお気に入り家具を紹介したいのですが、甥っ子が部屋を荒らすので扉を開けないようにバリケードしてたりして、非常に見た目の悪い状態です。なので過去の部屋写真を。

CIMG0141a.jpg
これは一つ前の家。3年前かな。この写真は真ん中の家具を購入したお店ハミングジョーさんのHP中の「ここで楽しく暮らしてます」に載せてもらうために撮りました。デンマーク家具はゆとりをもって離して置きたいところですが、ワンルームで狭いんで家具が密着してます。しかも雑貨や絵本がどっちゃり。テレビがまだブラウン管。

f2012112003.jpg
このブックケースはたくさん出回っていて、すぐ購入できます。棚の位置を変えることができます。飾り棚としていいです。

f2012112003b.jpg
天板が引き出せるので、ビュローとしての機能もあります。

f2012112003a.jpg
蛇腹を開くと小物入れが。

f2012112009.jpg
テレビ台にしてるのはメトロクスのセルシステム。北欧デザインにはまる前はミッドセンチュリーにも興味があったんで、その時期にモダニカで購入しました。これは重ねたり足を変えたり自分仕様にできて機能的。

CIMG0305_convert_20120817203005.jpg
これは2年くらい前に雑貨部屋を借りてた時のもの。ここで生活してないんで生活感ゼロです。今は実家のほうに移しました。左のデスクはボーエ・モーエンセンのもの。北九州のHOMESICで購入。

f2012112004.jpg
天板を閉じるとチェストのよう。引出も大きく、たくさん物が入ります。

f2012112005.jpg
小物入れも充実。

こっからは我が家の写真がないので家具屋のHPより拝借。
f2012112001.jpg
オーレ・バンシャーのソファ。福岡市曙のシーデスタで購入。我が家のは2シーターです。これも甥っ子が飛び跳ねて壊すといけないんでリビングからはずしてます。かわりにIKEAのソファを買いました。

f2012112002.jpg
エリック・バックのチェア。ラインが美しい。背もたれの角度とかうっとりします。でも座り心地は固め。

その他のデンマーク家具はチェストが大小合わせて4台、ソーイングテーブル、ドレッサー、ワゴンがあります。もう家具を置けるスペースがないので大物は買えないんですが、あと欲しいのはダイニングチェアとオットマンとネストテーブルかな。



スポンサーサイト

あこがれの家具 チェア

df2012110108.jpg
フィン・ユール(Finn Juhl、1912年1月30日 - 1989年5月17日)

デンマークの建築家、家具デザイナー。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物。彼の作品の魅力は、美しい曲線とその考え抜かれた完成美にあり、別名「家具の彫刻家」と呼ばれている。

df12.jpg
左)1953年「NV53」    右)1945年「NV45」

東京の家具屋さん『KAMADA』のHPより拝借。どちらも美しい。特にアームの美しさに惹かれます。

df08.jpg

df06.jpg

df05.jpg
曲線美。

df09.jpg
フィン・ユールの代表作「NV45」。世界一美しいアームを持つ椅子と呼ばれています。

df10.jpg
なめらか。

df11.jpg
脚も美しい。

df01.jpg
左)1961年 Model 138    右)1960年代 Bwana Chair and ottoman

df02.jpg
チークが美しい。

df04.jpg
Egyptian Chair

df03.jpg
後ろ姿も素晴らしい。

フィン・ユールは数十万~百万くらいするので到底手の届かないものです。あこがれますね~。どんな人が買うんだろう。ローズウッドのほうが高級ですが、私はチークが好きです。使い込んだチークのなめらかな艶はたまりません。眺めながらお酒が飲めます(笑)。



あこがれの家具 デスク

10年前から一人暮らしをしていますが、その頃から雑貨や家具に興味を持ち始めました。始めのころは方向性が定まっていなかったのですが、北九州の小倉駅裏にあった家具屋HOMESICでビンテージのデンマーク家具に出会って北欧インテリアの虜になりました。HOMESICでは何点か家具を購入しましたが、一つ迷って買わなかった家具があります。変形型のデスクなのですが、見たときは相当な衝撃を受けました。まず天板が長方形じゃない。裏に本箱がある。引出も大変凝っていました。お店に寄った後なにか舞台を見に行ったのですが、そのデスクが頭から離れず舞台の内容がちっとも入ってこなかったことを覚えています。そんなに気に入ったデスク、たしか20万弱くらいだったと思うのですが、そのころはまだ新入社員で安月給なんでとても買える値段じゃなく断念しました。それから何年かたって、あそこまで心を奪われた家具はなかったなと思い、いつもお世話になっている家具屋さんハミングジョーさんにお願いして探してもらいました。見つけてくれたんですが値段が30万弱。とても買えません。それにデザインが微妙に違う。ビンテージは同じデザインが出てくるのは稀なことです。だからこそ出会いを大切にしないといけません。あの時買っとけばよかったと後悔してます。



df2012103101.jpg
東京目黒にある家具屋さんFusion InteriorsのHPからお借りしました。たしかこんな感じでした。

df2012103103.jpg
天板が特徴的。

df2012103104a.jpg
右に蛇腹の物入れ。

df2012103104.jpg
円盤型の引出と鏡張りの物入れ。

df2012103105.jpg
引出の取っ手も凝っています。

df2012103102.jpg
裏に本立て。

df2012103106.jpg
棚は高さ調節できる。

df2012103107.jpg
裏に本箱がついてるので部屋の真ん中に置きます。


デンマークのビンテージ家具は内部に仕掛けがあってビューローやデスクは引出や戸を開くのが楽しいです。家具屋は何時間でもいれます。





07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりーさん

Author:えりーさん
福岡在住の洋服狂いの韓国人モデル狂い。

大好きなものを勝手に紹介していきます。
共感していただける方がいてくれたら嬉しいです。


本ブログで載せている画像等は個人で楽しむ範囲で使用しています。権利は著作権元に帰属します。本ブログの記事・コメント・画像等の無断転載はご遠慮願います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。